スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5歳の誕生日。



2008年5月23日。 ママのオナカから一番に出てきた男の子。
それが 我が家の次男坊『タルト』
最初は小さかったのに みるみる成長して 一番大きな子となりました。
早いもので 今日で5歳を迎えることが出来ました!!!
そして 葵チャン・そら君・れんチャン 「お誕生日 おめでとぉ」
みんな元気にお誕生日が迎えられて ホントに嬉しい❤




嬉しいはずのお誕生日なのですが…
昨日のUP記事にも書いたように 今年も み~サンの中間テストのため お祝いは延期。
ごめんね・・・タルト。
そして ご相伴に…と思ってたマロン ごめんね。


しかも 今朝は 2ワンとも絶食。。。。
なぜかというと 年に1回の「健康診断」。
血液生化学検査・検尿・検便・エコー・レントゲン・心電図・身体検査と フルコース★


まずは マロン。
検査数値的には 特に問題なし。
エコーもレントゲンも 特に肥大も無く 去年と大差なく。
ただ やっぱり心雑音は マロンのほうが悪いらしい。
右心房だったか 右心室だったか…どちらが 少し大きめ。
今のところ 投薬開始するまでも無いけど いずれ 右側から悪くなる可能性はある。とのこと。
オナカ周りのレントゲンも ヘルニアもなし、腎臓も良し。
血尿もなし。便潜血もなし。心電図の乱れもなし。
何はともあれ マロン君 現状OK。


そして タルト。
エコー・レントゲンの結果 去年より 少しだけ心臓肥大。
でも これは ほんの少しだったので 誤差程度のものと考えても良い。
なので 薬は増やすことなく 今までと同量の投薬。
オナカ周りのレントゲンは マロン同様 ヘルニアなし、腎臓良し。
便潜血はないものの 僅かな血尿のため 1週間分 投薬。
膀胱炎 実は 去年の12月に1度 やってるんです。。。
先生曰く 細菌が入りやすい体質なのかもしれない。
心電図は 肥大もあってか 少々乱れ気味。
でも 今のところ 心配しすぎるほどではないらしい。
ということで タルト君は 膀胱炎のお薬が増えただけで済みました。
1年間 心臓の薬を飲んで 症状を 進行せず 維持できてた事に感謝です。

2ワン共に言えることは 今の状態をキープできますように。
そして 唯一の心配材料は 『歯石』
マロンは グラグラのもあるし…
麻酔をかけることに対して不安が無いわけではないのですが
今の状態なら やるべきかもしれない。。。
今 迷って迷って いざ2年後ぐらいに取ろうと思い立っても
そのときには STOPがかかるかもしれない。
とはいえ 心の底では 本当に迷い中なんですが・・・
 

あっ そうだ。
あとひとつ 思ってもみないことを 最後に言われました(笑)
体脂肪を図ってみたら・・・・『肥満予備軍』数値だそうです(*_*)
これには 正直 ビックリしました。。。
飼い主に似たのかしら。。。(汗
あっ・・・違う!!! 飼い主は『予備軍』じゃなく 『完全なる肥満』でした(T_T)



何はともあれ 今日はお疲れ様でした。
君たちが帰ってくるまで ドキドキだったよ。。。
でも 今の状態がわかって ホントにホッとして。。。涙出そうだった。
これからも 元気な マロン・タルトでいてねっ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。