スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 月1の行事 ☆


昨日の朝 パパさん 諏訪からご帰宅。
迎えに行く前に マロンタルトの病院へ・・・と思って診察券を出しに行ったら
「2時間程の待ち時間になります」と言われたので 一旦帰宅。
パパさんを 駅まで迎えに行った帰りに 病院へ。
毎月恒例の フルコース。
マロン : 7.65kg  微妙に増えた。
タルト : 6.05kg  コチラも仲良く増量。
外耳処置・肛門腺処置・フロントライン・フィラリア投薬。
毎月同じなので 金額は省略。

今回は 専門学校生の学生さんが助手だったようで イマイチ マロンタルトを上手に押さえられない。。。
これから 徐々に上手になっていくのかな。
タマゴさん 頑張れ~☆


昼過ぎ 訳あってディーラーへ。
納車までの最終手続きを。
あと 前回 車体が無く 試乗が出来なかったので グルーッと一回り☆
乗り心地は・・・まっ こんなもんかな・・・と(笑
最初に聞いてた納車予定(9月頭)よりも 微妙に早まりそう。
ワクワク・ドキドキ(*^-^)



今日 少しの時間 義実家に用事があって行ってみたら。。。
いつも 庭で寝てるはずのワンコ:「もも」が なぜか玄関に。
なんか様子がおかしい・・・首が傾いてる・・・
お義母さんに聞いてみたら 三半規管がおかしくなって 首が傾いたみたい。
嘔吐や 散歩中の転倒・・・
み~サンの英語友達のとこのワンコと同じ症状だった・・・
「外耳炎から?」って聞いたら 「メニエール病」とのこと。
ももは 14歳の老犬。 そろそろ 病気も出てくる頃なのかな・・・なんか 寂しいなぁ。
私が無理言って 義実家で飼ってもらう事になったももだから・・・
思い返せば 先日14歳になった姪っ子が まだ 姉のお腹の中にいる頃 実家にトコトコと迷い込んできた子犬。
仕事から帰ってみたら 大きなお腹をした 出産間近の姉が 子犬の体についた汚れを一生懸命取ってたなぁ。
その頃 家にはワンコ嫌いのシェルティーがいたから 飼うのは無理・・・
今では マロンタルトが横で寝てたり 膝の上に乗っても平気になったけど その頃 実母はワンコが苦手で
飼ってたシェルティー以外は触れなかったから 多頭飼いなんて・・・
シェルティーもガウガウ吠えながら 自分のフードボウルの中に 足を入れながら水を飲む その子犬にアタフタ(笑
相当な大物だね・・・なんて笑ってた覚えがある。
遊びに来た 当時恋人であったパパさんに 「飼えない?」って聞いたら すぐ義実家に聞いてもらったらOKが!!!
パパさんの家まで 車で 私の膝の上でグーグー言いながら寝てた子犬・・・それが もも。
急なことだったから シェルティーが小さかった頃に使ってたゲージを乗せ とりあえず住む場所も確保☆
小さかったもも・・・お散歩のたびに ぐいぐい引っ張る力が強くなり 私では無理なほどに成長したもも。
今まで 特別な病気もせずに育てられて いつまで元気で居てくれるかなぁなんて思ってた。
今日 久々に抱っこしてみたら なんだか細くなって 軽かった・・・
元気に見えても やっぱり老犬なんだなぁ・・・って寂しくなりました。
でも 「まだまだ 元気はあるわよ~」って立って見せてくれる姿に こちらが元気付けられ
「すぐに遊びに来るからね~」って手を振って帰ってきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。