スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 1週間 ☆


東日本大震災から 1週間が経ちました。
今 私が思うこと・・・を 記録として 書き綴ってみます。

毎日 TVに釘付けになり どんどん増える 悲痛な報道の数々。 
改めて 被害の大きさを感じる日々でした。
私自身は 東北方面には親戚・知り合いはいないのですが
周りの人々に 被災にあわれてるお知り合いの方が居る・・・と聞き ますます胸が痛くなりました。
そして 原発問題も広がり 近隣にお住まいの方々は 1日・1時間と不安なことばかりでしょうね。
まだまだ 余震も続いてるし・・・


津波で ご家族を目の前で 失われたというご主人・・・
み~サンの年頃の子が1人で 身内を探してる姿・・・
赤ちゃんを抱え 寒々しい避難所で過ごされてる姿・・・
血圧の薬を持って出てこなくて・・・と とてもお困りのご老人・・・
目に飛び込んでくる映像全てに 胸が詰まります。


今ここで 困りなく普段と変わらない生活を送っていることが
とても とても 心苦しくなっていく毎日。
み~サンの学校では 
「今まで味わったことの無い 事の重大さ」への不安を抱えた子供たちに
メンタルケアを兼ねて アンケート用紙で回答を集めたらしいです。
大人の私でも 地震直後の日々は 夢で見て 思い出すほどだったので
テレビで流れる内容は 小学生にとって 衝撃この上なかったと思います。
み~サン自身も 夜 1人で布団に入るのを 不安が先立ち 嫌がってました。
「今 み~サンが どれほど幸せな状況に置かれてるのか」を
じっくりと話し 落ち着きを戻してきました。


「今 私が出来ること」
節電・募金・・・
あとは ご無事の方が1人でも多く・・・と祈ることしか出来ない。。。
あぁ もどかしい。

私の近所のスーパーで ご自分の備蓄のために 水・カップ麺・缶詰などを買い回ってる方が多いようです。
おかげで 陳列棚には 水が1本もありません。
今は そんな時じゃないだろ・・・って。。。
私たちは どれだけ恵まれてるかを 今 一度 冷静になって考えて欲しい。。。
被災地区の方々は おにぎりやバナナとドリンクだけ・・・とかなのに。
ガソリンや 雪の影響で 避難場所にも届かないっていうのも放送されてた。
そんな中 外人さんたちが ボランティアで配給して 
「温かい・嬉しい」とニッコリ笑った少年を見た瞬間 涙が流れました。
ガソリンが無いから 車移動も出来ずに スーパーに行くこともできない・・・って状況下の方も居ます。
行ったとしても 物がない・入れない。。。
放映されないだけで 不便な毎日を過ごされてる方々が居るはず。。。。悲しいです。


計画停電のために とても不便な生活時間を送られてる方々・・・。
予定では 来月末まで・・・ですね。
1日のうち数時間とはいえ 生活するのに大変ですね...
主人が働く山梨県も 計画停電のため 仕事ラインが止まるため その日その日で 勤務時間帯が変わるらしく
睡眠時間もバラバラで 大変なようです・・・。
そして 予定生産数に追いつかず 週末全てが仕事。
仕事が出来るだけ マシ。 今 仕事を精一杯することが 私・主人のやるべきことだと思ってます。


停電やらの影響で 届かないかもしれないけど
被災地の皆様 体調を崩されませんよう お祈り申し上げます。
募金をするぐらいしか 役には立てないけど 毎日祈ってます。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。